ニキビ跡について調べたらこんなこともわかった

ニキビ跡は三種類あることがわかりました。

赤みが残ったもの、茶色く色素が沈着したもの、でこぼこについてしまったもの。

この文章を読むまでニキビによって発生する跡=赤いものだと思い込んでいました。

跡の色が茶色いと治すに時間が相当かかると書いてありました。

また、ニキビ跡の色別ごとによる解決方法が書いてあったので紹介します。

赤紫、黒の場合はニキビ用化粧品、茶色の場合は、美白化粧品がいいそうです。

でもニキビ用化粧品、美白化粧品と言われてもいまいちピンとこない方もいると思います。

もし、私が、ニキビ跡がひどい人間だったら皮膚科に行ってお医者さんにどの薬品が適しているか相談しているでしょう。

あとは薬品だけでなくて、普段の食生活や睡眠時間も意識しないといけないかもしれないです。

あと、肌に跡が残ってしまった場合ニキビをつぶさないようにという注意喚起がありました。

ニキビをつぶすことで返って肌のトラブルを増やしてしまうからでしょうね。

ユーチューブで「ニキビ跡」

「消す」

という単語を入れて検索してみました。

するとけっこう出てきましたね。

それだけ需要があるということでしょうかね。

ニキビを治すことは難しくないけど、治ったニキビを放置してしまうとニキビ跡になりやすいそうです。

人によっては一生残ることもあると書いてありました。

(あるサイトでは、一生治らないことはないと書いてあったのでどちらが真実はわかりません)。

ある動画ではニキビ跡専用の薬品(以下A)を紹介していました。

このとき普段利用しているニキビ専用の薬では、効果がないこともこのとき初めて知りました。

Aはごわごわしている肌を柔らかくして浸透力を上げると書いてあります。

これはがさついた肌にうるおいを与えるという解釈でいいのかしら。

動画の後半で体験談を見てほしいと書いてありました。

どうやら、かなり多くのお客様から高い評価を得ていることがわかりました。

跡を消す対策だけなく、肌にうるおいをキープする機能もあるみたいですね。

20代の男性の方もAを使って汚肌から卒業したそうです。

A以外にも様々な商品があるみたいですね。

このサイトには効果や効能、知りたい情報が沢山載っているので、自分に合った対策を探してみて下さい。

ニキビ跡を消す為のオススメ商品情報です